成田市の地図画像

成田の基本情報

成田市は伝統と国際性にあふれる町です。

元々は成田山新勝寺や宗吾霊廟の門前町であり、宮内庁の下総御料牧場もあったりした長閑な田園都市でした。この成田市の様子を大きく変えたのが、1978年に開港した新東京国際空港(現在の成田国際空港)でした。国内線が羽田空港中心に運用される一方、成田空港は国際線を中心とした空港して運用されました。これに伴って、空港産業や物流基地が成田に建設されるようになりました。

さらに、旅行者を迎え入れるホテルや成田空港と都心を結ぶ電車やバスなどの公共交通機関が発達し、成田市は大きく飛躍します。空港開業時は約67000人だった人口は、2005年には10万人を突破し、2016年6月現在では13万人を超えるまでに増えています。空港関連産業の雇用の創出や通勤圏としての発達が成田を大きな都市に変えていったのです。

 

こうした背景があって、成田は国際都市としてますます重要性を増していくのです。成田市は国際空港特区や国際教育推進特区に認定され、成田の特徴を活かした街づくりを行うことができるようになったのです。

そして、近年成田はさらに注目を浴びています。LCC(ローコストキャリア)と言われる格安航空会社が世界で急成長していますが、この波が日本にも押し寄せました。そして、羽田空港の発着枠が目いっぱいだったため、成田空港が首都圏に乗り入れを狙う国内外のLCC各社の受け皿になり、国際線需要だけでなく国内線の利用者も急増しました。羽田―成田間のアクセス向上が図られ、約1時間で移動できるまでになっているのです。

 

宅地開発や大型ショッピングセンターも建設され、かつての田園都市であったとは思えない風景が広がっています。

しかし、成長著しい成田市でも、古くから受け継がれた伝統も残っています。それが下総鬼瓦です。下総鬼瓦は成田付近では重要な工芸品でした。この鬼瓦は、千葉県の伝統工芸品に指定され、今も生産され続けています。

 

かつての長閑な田園都市であり成田山などがある観光都市であった成田市は、空港建設によって大きく変貌し、現在進行形で発展している都市なのです。


関連記事


成田の外さないラブホ【厳選4選】


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 成田国際空港のイメージ画像

    2016.10.08 | 成田コラム

    成田のデートスポット5選
    成田市で二人楽しく過ごすならどんな所があるのでしょうか。ここ…
  2. 落花生千葉半立のイメージ画像

    2016.10.07 | 成田コラム

    成田の名産品・おみやげ5選
    成田市には農産物からその加工品、そしてお菓子まで、お土産にし…
  3. うなぎのイメージ画像

    2016.10.06 | 成田コラム

    成田の人気グルメ5選
    訪れた先々で楽しみたいのは、その土地ならではの食です。ここで…
  4. 成田ゆめ牧場のイメージ画像

    2016.10.05 | 成田コラム

    成田の観光スポット5選
    成田市は国際都市であり、伝統のある町でありと田園都市でもある…
  5. ワットパクナム日本別院のイメージ画像

    2016.10.04 | 成田コラム

    成田のパワースポット5選
    成田市のパワースポットと言えば、成田山新勝寺が挙げられます。…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

固定ページ