ワットパクナム日本別院のイメージ画像

成田のパワースポット5選

成田市のパワースポットと言えば、成田山新勝寺が挙げられます。関東三大不動に挙げられる名刹で、初詣に訪れる人も全国屈指です。しかし、成田市のパワースポットは新勝寺に留まりません。ここでは、新勝寺以外のパワースポットをご紹介しましょう。

 

【成田山公園 雄飛の滝】

新勝寺の本堂から歩いて10分ほどの場所に、成田山公園があります。公園に入ると、水音が聞こえてきます。その水音の方に足を向けると、高さ約20メートル 巾約2.7メートルの雄飛の滝が見えてきます。この雄飛の滝は、栃木県塩原にある雄飛の滝を模したもので、切り立った岩から流れ落ちるさまが勇壮です。この滝の周辺は、公園内でも樹木の多いところで、滝壺から舞い上がる水煙と相まって、深山幽谷のような風景が広がっています。

滝の右手には、山本瑞雲氏の制作した御滝不動尊が安置されています。また近くには、雄飛の滝に寄り添うような雌滝も流れ落ちています。神々しくそして清々しい気持ちになれる場所です。

基本情報
所在地:〒286-0024 千葉県成田市田町312

 

【お不動様旧跡庭園】

成田市の老舗和菓子屋「なごみの米屋」の総本店の敷地には、お不動様旧跡庭園があります。この庭園は、成田山新勝寺のご本尊である不動明王がかつてこの地に遷座されていたことを記念しています。

新勝寺のご本尊は、かつて成田市の南方にある公津ヶ原と呼ばれる地にありました。しかし、室町中期になると乱世に入ったこともあり伽藍も荒れてしまいました。そこで近郷の名主たちが話し合い、諸岡三郎左衛門の屋敷内に不動明王を遷座し、現在地に遷るまで守り続けたのです。この師岡三郎左衛門が、現在のなごみの米屋の創業者のご先祖にあたるため、お不動様旧跡庭園も総本店の敷地内にあるのです。

この庭園には、不動の大井戸があります。この水を三郎左衛門は毎日、不動明王に捧げていました。明治の半ばまでは、新勝寺から毎朝お供えの水を汲みにきたそうです。当時の井戸はもうなくなっていますが、現在の井戸は同じ水脈の水を枯らすことなく汲めるようにしています。信仰によって伝えられたこの井戸は、誰でも自由に汲むことができます。また、毎年4月にはこの水を使って、お茶会が開催され、誰でも無料でお茶を飲むことができます。成田市の誇る霊水をぜひ味わってください。

基本情報
所在地:千葉県成田市上町500
電話:0476-22-1661
紹介ホームページ:http://www.nagomi-yoneya.co.jp/04_ofudousama/

 

【台方の麻賀多神社】

麻賀多(まかた)神社の由緒は古く、平安時代に編纂された「延喜式」の神名帳の中にその名を確認できる古社です。祭神は和久産巣日神で、天照大神の姉神とされています。社紋は麻の葉で、赤ちゃんの産着に麻の葉を入れると健やかに育つと言われていました。神社は本社と奥宮に分かれており、台方にあるのが本社です。この本社は参道が鬱蒼とした木に覆われていますが、本社のあたりは日が差すと輝くように見えて、非情に神秘的です。また境内には大杉が聳え立っています。樹齢約1400年と言われ、太さ約8メートル 高さ約40メートルの巨木は東日本一の大杉として伝わっています。本社周辺の森は「麻賀多神社の森」として千葉県の天然記念物にも指定されています。森林浴もできる麻賀多神社周辺を訪れれば、爽やかな気持ちになれるでしょう。

基本情報
所在地:〒286-0003 千葉県成田市台方1
電話:0476-28-5736
公式ホームページ:http://www.makata-jinja.com/

 

【小御門神社】

成田市名古屋にある小御門(こみかど)神社は、藤原師賢を祀った神社です。師賢は後醍醐天皇に仕える公家でした。後醍醐天皇が倒幕計画に参加し、後醍醐天皇の身代わりとして比叡山に行く程の中心人物でしたが、倒幕計画は敗れ、師賢は幕府によって、下総の地に流され亡くなります。この師賢を祀ったのが、小御門神社です。本殿の真後には、師賢の墓所である公家塚があります。社殿左側にあるモミの木に特にパワーがあるとのことで、木の西向きに立つと疲れや邪気を払い、東向きに立つと新しいパワーをもらえるとのことです。

後醍醐天皇の身代わりになったことから、身代わりの神としても信仰をあつめる小御門神社で、ぜひ悪運を経ち、再生を祈願してみてはいかがでしょうか

基本情報
所在地:〒289-0116 千葉県成田市 898
電話:0476-96-0449
公式ホームページ:http://komikado.or.jp/

 

【ワットパクナム日本別院】

最後にちょっと変わったパワースポットをご紹介します。成田市中野にあるワットパクナム日本別院です。約2000坪の敷地に本堂やサーラ―と呼ばれる食堂兼休憩所、そして僧侶の宿泊棟や一般の宿泊棟が建てられています。また寺院内には多くの草木が植えられた庭園が広がり、心を休めることができます。この寺院は、在日タイ人の方たちの聖地で、タイ仏教の寺院であるワットパクナムの日本にある別院として位置づけられています。お祭りになると全国からタイの方々が集まり、市ができます。もちろん日本人が行っても大歓迎です。タイ仏教らしい金ぴかのお釈迦様がいらっしゃったりと、日本にいながらタイ観光に来たかのような錯覚を覚えます。

もちろん、参詣の場所ですので、心静かに手を合わせることも忘れずに。一見、日本でイメージするパワースポットとは異なるかも知れませんが、国際空港のある成田らしいパワースポットと言えるではないでしょうか。

基本情報
所在地:〒287-0237 千葉県成田市中野294−1
電話:0476-73-8090
公式ホームページ:http://www.pakunamu.com/


関連記事


成田の外さないラブホ【厳選4選】


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 成田国際空港のイメージ画像

    2016.10.08 | 成田コラム

    成田のデートスポット5選
    成田市で二人楽しく過ごすならどんな所があるのでしょうか。ここ…
  2. 落花生千葉半立のイメージ画像

    2016.10.07 | 成田コラム

    成田の名産品・おみやげ5選
    成田市には農産物からその加工品、そしてお菓子まで、お土産にし…
  3. うなぎのイメージ画像

    2016.10.06 | 成田コラム

    成田の人気グルメ5選
    訪れた先々で楽しみたいのは、その土地ならではの食です。ここで…
  4. 成田ゆめ牧場のイメージ画像

    2016.10.05 | 成田コラム

    成田の観光スポット5選
    成田市は国際都市であり、伝統のある町でありと田園都市でもある…
  5. ワットパクナム日本別院のイメージ画像

    2016.10.04 | 成田コラム

    成田のパワースポット5選
    成田市のパワースポットと言えば、成田山新勝寺が挙げられます。…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

固定ページ